デザインをもっと楽しく!WEBデザイナーの皆様にとって役に立つ情報をお届けいたします! おしゃれなボタンの作り方やテクスチャの使い方、制作関連のおすすめサイトなどの情報が満載! | フォトショッパーフォトショッパー

イラストレーターで文字が選択できない!〜Illustratorトラブルシューティング〜


トラブルシューティング

イラストレーターで文字が選択できない!なんで~?

こんにちは!おぎしおです。最近あつさにやられて夏バテ美味です(笑)。

さて、今日はイラレの文字が選択できない、というトラブルシューティングに関するちょっとした小ネタを更新してみようと思います。

先日、お仕事でIllustratorを使っていたとき、“文字ツールでテキストを選択しても文字が選択できない!!”というトラブルが起きました。
特に『バウンディングボックスは表示されるけど、「文字ツール」でテキストをドラックしても文字が点滅しない(汗)』という場合は、高確率でこのトラブルが起きていると思われます。

原因を調べてみたところ、どうやら「境界線を隠す」というコマンドを実行してしまった様子。
解決方法としては、「Ctrl + H」もしくは「command + H」というショートカットで「境界線を表示する」を実行すると問題が解消しました。
どうやら、知らず知らずのうちにこのショートカットキーを叩いてしまい「境界線を隠す/表示する」のコマンドを実行してしまったようです。

上記の解決法でもトラブルが解消しない場合

ちなみに上記でも解決されない場合(そもそもオブジェクトを選択してもバウンディングボックスが表示されないよ!という場合)は、高確率でオブジェクトにロックがかかっている可能性があります。
「Ctrl+2」もしくは「command + 2」が「オブジェクトのロック」になるので、これを押してしまうと、オブジェクトにロックがかかってしまうのです。

こちらの解決方法ですが、メニューバーからウインドウ→レイヤーを選択し、編集したいオブジェクトのレイヤーのロックを外すと、編集が可能になります。

「いろんなオブジェクトがロックされてて、個別に解除するのが面倒臭い!」という方は「Ctrl + Alt + 2」もしくは「command + option + 2」ですべてのオブジェクトのロックが外れます。

まとめ

今回は個人的な備忘の意味もこめて、トラブルシューティングに関する小ネタ記事を更新いたしました。
トラブルシューティング的な記事に関しても、気が付いたときに徐々に書いていけたらいいなぁと思っています。


Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

新着