デザインをもっと楽しく!WEBデザイナーの皆様にとって役に立つ情報をお届けいたします! おしゃれなボタンの作り方やテクスチャの使い方、制作関連のおすすめサイトなどの情報が満載! | フォトショッパーフォトショッパー

チラシや資料作りにも役立つ!簡単なデザインの作り方【要素をまとめよう!編】


「伝わるデザイン」を作ってみよう

ポイントを押さえて「伝わるデザイン」を作ってみよう

こんにちは、おぎしおです!
先日友人から「チラシを作る時にデザインが上手にまとまらなくて困っている」なんていう話を聞きました。私もデザイナーになる前は、資料や提案書をきれいな見栄えにできず、苦労したものです(笑)。
そこで今回は、少しのコツで「伝わるデザイン」にするためのちょっとしたポイントをお伝えしていこうと思います。

1,まずは情報を書き出してみよう

今回は架空の会社「おぎしおトラベル」でキャンペーンを開催するという設定デザインを作っていこうと思います。
おぎしおトラベルでは「7月に沖縄旅行をご予約いただいた方を対象にキャンペーンを開催したい!」と考えているようです。まずは詳しい内容をヒアリングし、情報を書き出してみたいと思います。

p0001

こんな感じになりました。
今回はメインビジュアルを作っていくので「5人で予約した場合何回応募できる?」とか「どこに行けばキャンペーンに参加出来るの!?」という細かい情報は記載しませんでした。
メインビジュアルの下部に説明のデザインを入れてあげたり、別途注意事項を作ってあげたりという事ができるので、細かい設定はここでは置いておきましょう。

だいぶ端的にまとめたつもりですが、一瞬では内容を理解する事ができません。ここから情報をデザイン化していこうと思います。

2,情報を要素ごとにまとめよう

さきほどの文章を分解&修正して、それぞれの要素でまとめていこうと思います。

1)大きな3つの要素

p0002

このような感じで情報を整理して「キャッチコピー」「サブコピー」「リード」にわけてみました

2)それぞれの要素の役割

【キャッチコピー】

p0003_02

「沖縄旅行がタダになる」という文字が一番最初に目に入る大きさで書かれています。
このビジュアルを見るユーザーにとって「何が起こるのか」「何で得をするのか」というのがまず一番に伝わらないといけません。しかし全員の沖縄旅行がタダになる訳ではないので、「抽選で30名様の」という文言も追加します。
この「ユーザーにとって一番重要な情報」がキャッチコピーとなります。

【サブコピー】

p0003_01

次にサブコピーです。ここにはキャッチコピーを煽るような文言を入れると効果的だと思います。
「7月限定」「スペシャル企画」はユーザーに「今だけ(もしくはここだけ)の特典なら、早く行動を起こさないと」と思わせる目的を持っています。

【リード】

p0003_03

最後にリード文です。ここまでの情報で興味をもったユーザーは「このキャンペーンはどんな内容なんだろう?」ということを知りたいはずです。ですが序盤で長々と説明してしまうと、キャンペーンの要点がよくわからず興味を失ってしまう可能性があります。
「この企画はどんな内容なのか、誰が対象なのか」を端的に説明すると良いと思います。

3,ジャンプ率を工夫しよう

次に各文章内のジャンプ率を工夫していきましょう。「ジャンプ率」とは、文字の大きさの比率のことです。
聞き慣れない言葉かもしれませんが「見出しだけ文字を大きくする」という経験は、“学生のときにノートをとる”なんて場面でも使っていたんじゃないかなぁと思います。

さきほど情報を要素化した時にも、「キャッチコピー」「サブコピー」「リード」それぞれの要素が分かりやすいように文字の大きさを変えていましたが、今回はさらに細かい部分にもジャンプ率を適応していこうと思います。

p0004

フォントのサイズを少し調整すると文章にメリハリがついて、より内容を理解し易くなります。

4,枠や背景などをつかって、要素のまとまりを強くしよう

最後に、それぞれの要素のまとまりを強くするため、枠や背景を使ってまとめていきます。
視覚的にまとまりを意識出来るので、情報が瞬時に理解できるようになります。

p0005

最初と比べると情報がわかりやすく整理されました。

p0006

おまけ:デザインを入れてみました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では要素のまとめ方を中心におつたえしましたが、次回の記事では配置やバランスについて書いてみようかなと思っています。お楽しみに!


Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

新着